現代九州男児の男磨き日記。

ひえぐそからの卒業を目論む現代九州男児の記録。

【格言】いのちの根/相田みつを

f:id:mmmorio:20180811221153j:plain

 

『いのちの根』相田みつを

 

なみだをこらえて

かなしみにたえるとき

ぐちをいわずに

くるしみにたえるとき

いいわけをしないで

だまって批判にたえるとき

いかりをおさえて

じっと屈辱にたえるとき

あなたの眼のいろが

ふかくなり

いのちの根が

ふかくなる

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

新シリーズ!

 

【格言】!!!

 

いぇーい\(^o^)/

 

 

僕はまぁまぁ読書します。

ビジネス書とかそこそこ読みます。

自己啓発書はあんまり読みません。

 

読んでやる気は上がるけど、具体的に何していいか考えるところから始めるより

どんな前提で、何を、どれくらいの量やったかがわかるのが取り掛かれていいからです。

 

ドヤ顔して知識ひけらかして「意識高い系」って言われるの癪なんで

ゴリゴリに実践して結果を示すのがきっと正義です(^ω^)

 

でも結果出なければいくら実践してもそれはきっと悪です(^ω^)

 

 

 

 

けどそれは途中で辞めてしまったらの場合。

 

期限は死ぬまで、試行回数は無限。

 

100年本気で続けて上手くいかないなんて想像できんでしょ?笑

 

 

 

「体は食事から作られるように、心は言葉から作られる」

らしいので、意識していい言葉は取り入れるようにしてます。

 

 

 

ということで今回の格言、相田みつをさんの「いのちの根」

 

僕の一番好きな詩です。

 

 

2年くらい前にえげつない挫折しました(^ω^)

 

今となっては笑い話ですけど、人生で初めて力不足への悔しさでわんわん泣きました。笑

(挫折の詳しい内容は別途聞いてね。笑)

 

 

そんなときにどこからか事情を聞いた友人から突然届いて、一発で開き直ったのがこれ。

 

矛盾するようなこと言うけど

死ぬほど救われた。

 

 

今世で生きてるうちは自分の決めたことは筋通し続けることを決めたのがその瞬間。

 

ちなみに来世からはまた別のことテーマに生きていこうと思ってます。笑

 

 

 

そしてこの詩には続きがあります。

(続きというかアナザーストーリー的なの。)

 

↓↓↓

 

花を支える枝

枝を支える幹

幹を支える根

 

根はみえねんだなあ

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

「いのちの根」をどれだけ深くしても「根はみえねえ」らしいんです。

 

なんて意地悪なんだ!!!!笑

 

 

 

けどそれは見るもんじゃなくて感じるものなんじゃないかと

 

俗に言う「凄い人」から感じる雰囲気、とかオーラ、とか言われる類のやつ

 

 

 

「憧れは理解から最も遠い感情だよ」by藍染惣右介

 

目指してる状態があるなら、当然それについて学ぶべきですね。

 

けど、憧れや理想、「凄い人」から何を学びますか?

個人的にずーーーーーっと難題でした。

 

だって今その人がやってることは到底真似出来ないんだもの

 

 

 

これは持論ですが、それを理解したいなら、至るまでの過去を学ばなければいけません。

 

 

華やかな結果の過去にあるのって、意外とシンプルだけどかなり泥臭いものが多く感じます。

 

 

 

色んな本読み漁ってて、結構共通して書いてあるのって

 

小さな決意 一瞬の勇気 我慢の継続

 

この辺に限られてくるんじゃないかと思います。

 

 

努力は必ずしも実りません。

頑張ったら頑張った分実るのであれば誰も何も悩みません。

 

だったら僕は自分磨いて人で勝負しようと思います。

 

 

「リーダーシップ」って言葉がありますが

「シップ(ship)」=「船」ですね。(湿布じゃないよ笑)

 

「お前の船だったら俺も乗る」

 

この返事をもらえる状態が、僕の目指す状態です。

 

 

 

てことで今日も明日も明後日も、いのちの根深く突き刺していきます\(^o^)/

 

 

以上!!!