現代九州男児の男磨き日記。

ひえぐそからの卒業を目論む現代九州男児の記録。

泥酔して筋トレしてたら眼球失いかけた話

2年位前。身の回りで腹筋ローラーなるものが流行り始めた。

 

先輩の家で飲んでた時に部屋の隅に無造作に置かれたそれを見て「こんな原始的なおもちゃで効果あんのかよwww」と舐めに舐めて数回やってみて即ポチったのを今でも覚えてます。

自重が負荷になるので、数回でもめっちゃきつい。初だと5分も経たないうちにギブで、翌日地獄の筋肉痛に見舞われます。

 

かくいう私、小学校1年生から水泳・バスケと運動神経の英才教育を受け、小中高大と13年間甘えた指導は許されず、軍隊のように体つくりをしていたその体はコートを離れてもそこそこのプロポーションを保っていました、恐らく。

そんなこともあり、肉体派体育会系の「おら、お前やってみろよ」みたいな無茶ぶりは割と得意だったんです。

 

この腹筋ローラーとかいうおもちゃ、四つん這いの状態で地面に膝付けたまま腰の屈伸でコロコロする「膝コロ」と爪先で立って折りたたみベッドばったんばったんするようにコロコロする「立ちコロ」の2種類やり方があるとのこと。この2種類の難易度の差がえぐいえぐい。

 

 

それから数週間、律義に毎日5分くらいやって膝コロは難なくこなし始めたころ。

 

個人的に開催してる「平成5年会」ってのがあるんです。

現時点でかれこれ3年くらいやってる飲み会で、30~50人くらいで不定期開催してます。

(ご興味ありましたらお問い合わせください。)

 

 

事故はその「平成5年会」の後、家に帰った深夜1時ごろに起きました。

 

打ち上げしようってなって、幹事組4人で僕んちで飲み直したんです。

男女2人ずつの4人。普通に楽しい。

 

そこで目に入った凶器・腹筋ローラー。

まぁまぁ酔った膝コロ習得済の僕は、生意気にも3人に向けて腹筋ローラーをレビューし始めました。

「これだけ1日5分やるだけでまじで効くよ!筋肉痛えぐいもん!」と。

 

そして調子に乗って「他にもやり方あるんやけど難いんよね~」とか言いながら立ちコロの姿勢。

普段は1人でコロコロしてるんですが、今日はギャラリーがいるわけです。

九州男児の端くれ、中途半端な意地とプライド、見栄っ張りが発動する絶好のタイミング。

 

(体勢キープできんで地面にお腹着くのめちゃダサいな…)

 

とか思いながら、前に押し出すべき腹筋ローラーを手前にも力入れながら、ゆ~っくり前進していました。

その様子を友人は「生まれたての小鹿のようだった」と当たり障りないコメントしてくれました。ありがとう。

 

そしてその事故は起こるわけです。

頭側に転がるべきローラーが、手前にも力入れてた関係で足側に勢いよく転がって、顔面から地面に勢いよく落ちたんですね。

 

想像してみてください。めっちゃ怖いから。

 

えげつない音、割れる眼鏡、滴る血。

アルコールのアドレナリンで痛みは無い。

 

左瞼のすぐ上をぱっくり切って、ドバドバ流血しました。夜中の1時に。

割れたメガネの切れ端で切っちゃったんでしょう。眼球までほんの数ミリ。

 

 

3人をすぐに帰らせ、1人には腹筋ローラーを持たせ、翌日月曜で仕事なのでメガネを接着剤で修理して、傷口にティッシュ当てながら「工作得意で良かったぁ」と思っていました。

 

みなさんも泥酔して腹筋ローラーをするときは気を付けましょう。

 

ちなみにその時僕の手元を離れた腹筋ローラーですが、取り返すでもなく、何故か新しいのを買いました。悲劇はきっと繰り返す。

 

 

 

なんなんだこの話。